国見神代小路歴史文化公園鍋島邸

この佐賀藩神代領「鍋島氏」の陣屋跡を中心とした神代小路地区は、まるで時が止まったかのような美しい街並みが残されています。

正面には慶応元年に完成した長屋門と30mの石塀が堂々と立ち、周囲には清らかな水の流れる水路やよく手入れされた生垣、趣のある家々などが散在しており、今も江戸情緒を味わうことができます。

平成18年度に都市景観大賞「美しいまちなみ大賞」も受賞しました。

庭園にはヒカンザクラの大木があるため、2月頃の開花時期には沢山の方で賑わいます。
また春には、ツツジと季節の花々が庭を華やかに彩ります。

外観のみの見学となっておりましたが、平成26年2月22日より内部の見学も出来るようになりました。

旧鍋島家住宅は、長屋門や蔵など、敷地内の建物のほぼすべてが国指定重要文化財です。

貴重な文化財の保護のため、見学の際には場内管理人や掲示板の案内・指示に従ってください。


住所:長崎県雲仙市国見町神代丙103番地1
電話:0957-61-7778 ((雲仙市国見神代小路歴史文化公園 鍋島邸 ))
営業時間:10:00~17:00(但し、入場は16:30まで)