平戸オランダ商館

平戸オランダ商館は、長崎の出島よりも前に建てられ、日蘭交流の歴史の中で最も繁栄した時期に建築された建物です。

その中でも1639年に築造された倉庫は、膨大な量の交易品を保管するために造られたものです。
現在は、当時の貿易に関する史料や貿易品などが展示されています。

平戸オランダ商館のある崎方町一帯は、1609年(慶長14)和蘭船が入港し、1641年(寛永18)長崎出島に移転するまでの約33年間、平戸が我が国唯一のオランダ貿易港として賑わいました。

商館は当初、土蔵付き民家を借りてスタートしましたがその後周囲の民家を壊して、新たに建築。

本館をはじめ、宿泊所、調理場などが整備されていきました。

そして貿易の積荷を保管する倉庫も何棟も建築され、1639年には日本で初めての西洋の石造建造物とされる 「1639年築造倉庫」が完成。

ところが1641年、幕府の命令により商館は取り壊され、貿易は長崎出島に移転しました。

2011年にオープンした「平戸オランダ商館」は、この倉庫の忠実な復元となり、貴重な建物です。
大航海時代の1639年築造倉庫を復元

住所:長崎県平戸市大久保町2477番地
電話:0950-26-0636
営業時間:8:30~17:30