天文館商店街

天文館は江戸時代の安永8年(1779年)天文・暦学の研究機関としての天文観測所、明時館が建てられたことに由来しています。その後、明治末期から大正初期にかけて、鹿児島市の中心に位置していたことなどから劇場・社交場といった娯楽施設が林立し、所業地として発展してきました。


住所:鹿児島市東千石町ほか